- API (データ&プログラム) -API(data&program)

柿果実収穫適期判定API:KindaiAgriculture/Persimmon

提供ベンダー:
システム名:
柿果実収穫適期判定
利用条件:
オプションAPI(有償:提供者と別途契約が必要)

概要

API名称
柿果実収穫適期判定API
説明

本APIは、気象情報若しくは1キロメッシュ気象情報のデータを基に、柿果実の収穫最盛期を予測する為のAPIです。
ご利用希望の方は、下記宛へお問い合わせください。
近畿大学農学部 教授 松野裕  matsuno@nara.kindai.ac.jp

データの更新頻度
随時
カテゴリー
添付ファイル
関連メソッド

リクエスト

URL

https://api.wagri.net/API/Individual/KindaiAgriculture/Persimmon/

説明

事前に認証サーバー(https://api.wagri.net/Token)にアクセスし、トークンを取得することが必要となります。

HTTPメソッド
GET
パラメータ
名称 サイズ 値の説明
point 文字   圃場名
model 文字   判定する品種モデル(刀根早生、富有、平核無、農研岐阜)
 tonewase:刀根早生
 fuyuu:富有
 hirakakunasi:平核無
 naro_gifu:農研岐阜
tmp_mea 数字   積算平均気温
 入力なければ1キロメッシュデータ活用
tmp_max 数字   積算最高気温
 入力なければ1キロメッシュデータ活用
fuyuu_taget 文字   富有モデル使用時地点(奈良、岐阜、福岡)
 奈良県
 岐阜県
 福岡県
date 日付   判定時日付
 入力なければ本日
呼出例
呼出例     pythonでの記載例
  WAGRI認証 パラメータセット payload = {‘grant_type’: ‘client_credentials’, ‘client_id’: ‘[事前に取り決めたクライアントID]’, ‘client_secret’: ‘Clientsecret4’}
    API呼び出し response = requests.post(‘https://api.wagri.net/Token’, headers={‘Content-Type’: ‘application/x-www-form-urlencoded’}, data=payload)
    JSON化 json_data = response.json()
    トークン取得 token = json_data[‘access_token’]
  WAGRI API呼出 パラメータセット param = { “point”: ‘五條市’,”model”: ‘fuyuu’,”tmp_mea”: “”,”tmp_max”: “”,”fuyuu_target”: “奈良県”,”date”: ‘2023-10-01’}
    API呼び出し response2 = requests.get(‘https://api.wagri.net/API/Individual/KindaiAgriculture/Persimmon/Get’, headers={‘X-Authorization’: f'{token}’}, params=param)
    JSON化 json_data2 = response2.json()

レスポンス

レイアウト
レスポンス例
名称   項目説明
date 日付   判定時日付
sentence 文字   判定日付より何日後に最盛期を迎えるかを返却
point 文字   地区+年+積算平均気温+積算最高気温+変化量
model 文字   モデル名(漢字)
tmp_mea 文字   積算平均気温
ステータスコード

‘date’: ‘2023-10-29’, ‘sentence’: ‘約 28 日’, ‘point’: ‘五條市(2023年)積算平均気温:1600℃ 積算最高気温:1800℃ 変化量:5.86’, ‘model’: ”, ‘tmp_mea’: ‘1600’}

サンプルソースコード

ソースコード
前に戻る
上部へスクロール
Scroll to Top