- API (データ&プログラム) -API(data&program)

NARO栽培管理支援API21 水稲 発育予測(幼穂観察による補正機能付き):RicePhenologyPredictionWithRealtimeAdjustment

提供ベンダー:
システム名:
NARO栽培管理支援API
利用条件:
オプションAPI(有償:WEB申込が必要)

概要

API名称
水稲 発育予測(幼穂観察による補正機能付き)
説明

「NARO栽培管理支援API」は、予報値を含む気象データを活用して水稲、小麦、大豆の発育予測情報、適切な施肥量や施肥時期、病害の発生予測情報などの、作物の栽培管理を支援する様々な情報を提供するAPIで多数のメソッドを含んでいます。

 「NARO栽培管理支援API21 水稲 発育予測(幼穂観察による補正機能付き)」は、NARO栽培管理支援APIの1メソッドです。このメソッドでは、利用者が取得した実測の幼穂発育ステージや幼穂長、葉耳間長のデータを利用して、それらの観察日以降の予測精度を向上させた発育予測補正値を提供します。さらに、「NARO栽培管理支援API01 水稲 発育予測」や「NARO栽培管理支援API15 水稲 幼穂発育予測」の機能を包含しているため、これらによる幼穂発育ステージ、幼穂形成期、出穂期、成熟期等の発育予測値、および気候平年値を使った予測値も同時に提供します。

データの更新頻度
随時
カテゴリー
添付ファイル

リクエスト

URL

https://api.wagri.net/API/Individual/NIAES/AGMIS/RicePhenologyPredictionWithRealtimeAdjustment

説明

水稲の発育予測を実行する栽培管理支援APIのメソッド。メソッドを呼び出す際のHTTPリクエストのボディは、JSON 形式です。リクエストボティは、栽培地の緯度・経度、移植日などの栽培データと品種情報などで構成されます。パラメータ値にもとづき、出穂期などの発育予測情報が利用者側に返されます。

HTTPメソッド
POST
パラメータ

発育予測(幼穂観察による補正機能付き)API入力パラメータ

項番

API

IN/OUT

物理名

論理名

必須

Min

Max

有効数字

備考

1

IN

lat

圃場緯度

number

24

46

0.000001

有効数字は、小数点以下6桁。コムギ、大豆もこれに合わせる。

2

   

lon

圃場経度

number

122

146

0.000001

同上。

3

   

default_param

パラメータ使用判断フラグ

boolean

マスターのパラメータを使用するか、エンドユーザーの独自パラメータを使用するかのフラグ。

True:マスターのパラメータ

False:エンドユーザーの独自パラメータ

4

   

adj_after_mes

調整フラグ

number

0

3

1

当該作付けの幼穂形成期や出穂期の実測値に基づいて、以降の予測を調整するかどうかのフラグ。

0:調整せず

1:出穂期データのみ使用して調整

2:幼穂形成期・出穂期データを使用して,dvs_pfの補正値を算出(model0-3のみに対応。model4は、API13を使用してパラメータ調整が可能)

3:幼穂観察値(FSFloral Stage)、幼穂長、葉耳間長)を使用してリアルタイムにDVS値を調整し、観測日以降の予測を高精度化。

省略した場合のdefault値は0とする。

5

   

riceid

イネパラメータ連番

number

0

100000

1

パラメータ使用判断フラグがTrueの場合に必須。

6

   

cropid

作物ID

number

0

10000

1

0rice

1wheat

2soybean

7

   

varid

品種ID

number

1

100000

1

 

8

   

model

発育計算式区分

number

0

10000

1

パラメータ使用判断フラグがFalseの場合に必須。

0:標準

1:栄養生長:標準、登熟相:積算温度

2:栄養生長:積算温度、登熟相:標準

3:栄養生長:積算温度、登熟相:積算温度

4:寒冷地向け

9

   

cultivar

品種名

string

1

50

 

10

   

tp_or_ds

直播/移植区分

number

0

1

1

0:移植

1:直播

11

   

date_st

播種/移植日

string

10

10

Formatyyyy-mm-dd

12

   

dvs_st

移植(or播種)DVS

number

0

10

0.000001

 

13

   

age_tp

移植時葉齢

number

0

20

0.01

 

14

   

nae_shurui

苗姿

number

0

4

1

0:稚苗

1:中苗

2:成苗(箱育苗)

3:成苗(苗代育苗)

4:乳苗

15

   

age_a

dvs初期値用係数・傾き

number

0

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

16

   

age_b

dvs初期値用係数・切片

number

0

1

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

17

   

gv

パラメータ – Gv

number

0.1

100

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

18

   

av

パラメータ – A

number

0.01

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

19

   

thv

パラメータ – Th

number

0

30

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

20

   

bv

パラメータ – B

number

0.01

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

21

   

lcv

パラメータ – Lc

number

1

100

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

22

   

dvs_star

パラメータ – DVSstar

number

0

1

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model01

23

   

gr

パラメータ – Gr

number

0.1

100

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model02

24

   

kr

パラメータ – Kr

number

0.01

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model02

25

   

tcr

パラメータ – Tcr

number

0

30

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model02

26

   

dvs_pf

パラメータ – dvs_pf

number

0

1

0.000001

以下の場合に入力

パラメータ使用判断フラグがFalse

model0123

省略するとriceid=3のパラメータ値:0.744768を入力

27

   

age_a1

dvs初期値用係数・傾き1

number

0

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

28

   

gv1

パラメータ – Gv1

number

0.1

100

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

29

   

av1

パラメータ – Av1

number

0.01

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

30

   

thv1

パラメータ – Thv1

number

0

30

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

31

   

gv2

パラメータ – Gv2

number

0.1

100

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

32

   

av2

パラメータ – Av2

number

0.01

10

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

33

   

thv2

パラメータ – Thv2

number

0

30

0.000001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model4

34

   

tsum_r

登熟相積算温度

number

1

10000

0.001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model134

35

   

tb_r

登熟相発育限界温度

number

0

20

0.001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model134

36

   

tsum_v

栄養生長相積算温度

number

1

10000

0.001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model23

37

   

tb_v

栄養生長相発育限界温度

number

0

20

0.001

以下の場合に必須

パラメータ使用判断フラグがFalse

model23

38

   

adj_coef_gv_user

出穂期の発育補正係数

number

0

10

0.000001

model0123の場合に入力。

39

   

adj_coef_gr_user

成熟期の発育補正係数

number

0

10

0.000001

model01234の場合に入力。

40

   

adjusted_dvs_pf_user

幼穂形成期のDVS基準補正値

number

0

1

0.000001

model0123の場合に入力。

41

   

adj_coef_gv1_user

幼穂形成期の発育補正係数

number

0

10

0.000001

model4の場合に入力。

42

   

adj_coef_gv2_user

出穂期の発育補正係数

number

0

10

0.000001

model4の場合に入力。

43

   

mes_pf_date

幼穂形成期実測値

string

10

10

Formatyyyy-mm-dd

44

   

mes_hd_date

出穂期実測値

string

10

10

Formatyyyy-mm-dd

45

   

dvs_pi

幼穂分化期DVS

number

0

1

0.000001

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

46

   

dvs_main_culm_hd

主稈(もしくは強勢稈)の出穂期DVS

number

0

1

0.000001

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

47

   

pani_len_b0

幼穂長計算式のパラメータ1 (b0)

number

0

100

0.000001

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

48

   

pani_len_b1

幼穂長計算式のパラメータ2 (b1)

number

0

100

0.000001

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

49

   

pani_len_b2

幼穂長計算式のパラメータ3 (b2)

number

0

100

0.000001

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

50

   

pani_len_break_point1

幼穂長計算式のパラメータ4 (break_point1)

number

     

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

51

   

pani_len_max

幼穂長計算式のパラメータ5 (pani_len_max)

number

     

パラメータ使用判断フラグがTrueの時に、省略されるとマスターデータの値を用いる。パラメータ使用判断フラグがFalseの時に、省略されるとpanicle_dev_predict_rice()の呼出時のdefault値が採用される

52

   

execution_date_of_prediction

利用者が指定する「今日」の日付

string

10

10

 

Formatyyyy-mm-dd:省略の場合は、システムのクロックから今日の日付を入手する。テストなどで、過去のある時点を計算上の「今日」としたい時に用いる

53

   

obs_date_panicle_dev

幼穂発育ステージ(もしくは幼穂長/葉耳間長)を観察した日

API15では、obs_date_pani_devとしていた)

string

10

10

 

Formatyyyy-mm-dd

以下の場合に必須

調整フラグ(adj_after_mes)が3のとき必要。adj_after_mes3で、obs_date_panicle_dev=Noneの場合、あるいは、obs_date_panicle_devが入力された場合でも幼穂観察値(obs_fsobs_panicle_lengthobs_distance_between_auricles)がNoneの場合(もしくは条件を満たさない場合)は、補正された予測値が未補正値に等しくなる。

54

   

obs_fs

FS (Floral Stage)の実測値

number

0

11

0.000001

調整フラグ(adj_after_mes)が3の場合に使用。

補正には、obs_fsobs_panicle_lengthobs_distance_between_auriclesのうち、最低1つは必要。obs_fsは、単独で使用し、obs_panicle_lengthobs_distance_between_auriclesは条件によって、単独または併用する。

上記3パラメータの内、複数の入力があった場合は、obs_fsを優先して補正する。

55

   

obs_panicle_length

幼穂長の実測値

number

0

1000

0.0001

調整フラグ(adj_after_mes)が3の場合に使用。

obs_fsに値が入力されていない場合に必要

56

   

obs_distance_between_auricles

葉耳間長の実測値

number

-50

1000

0.0001

調整フラグ(adj_after_mes)が3の場合に使用。

obs_panicle_lengthと併用するか、あるいは単独で使う。単独の時は、-50mm以上。obs_panicle_lengthと併用の時は、0以上。

INの必須欄>
○ 必須
▲ 条件によっては必須
- 任意

発育予測(幼穂観察による補正機能付き)API出力パラメータ

項番

API

IN/OUT

物理名

論理名          

必須

Min

Max

有効数字

備考

1

RiceGrowthPrediction

IN

水稲幼穂発育予測入力パラメータシート参照

 

2

 

OUT

cultivar

 

品種名

string

 

3

   

model_type

 

モデルタイプ

number

1

 

4

   

param_type

 

パラメータタイプ

number

1

 

5

   

pf

 

幼穂形成期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

6

   

hd

 

出穂期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

7

   

md

 

成熟期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

8

   

pf_cli

 

気温平年値を用いた幼穂形成期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

9

   

hd_cli

 

気温平年値を用いた出穂期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

10

   

md_cli

 

気温平年値を用いた成熟期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

11

   

dvs_days

 

計算初日(移植日または出芽日)からの日々のDVS

2次元配列

(Days,Date, dvs) (len(days)×3列)

播種/移植日 成熟期 + 10日分まで

12

     

days

計算初日からの日数

number

1

 

13

     

date

日付

string

Formatyyyy-mm-dd

14

     

dvs

DVS

number

0.000001

 

15

   

dvs_after_st_cli

 

気温平年値を用いた計算初日(移植日または出芽日)からの日々のDVS

2次元配列

(Days,Date, dvs) (len(days)×3列)

播種/移植日 成熟期 + 10日分まで

16

     

days

計算初日からの日数

number

1

 

17

     

date

日付

string

Formatyyyy-mm-dd

18

     

dvs_cli

DVS

number

0.000001

 

19

   

dvr

 

DVR値(発育速度)

配列

(number)

0.000001

播種/移植日 成熟期 + 10日分まで

20

   

adj_coef_gv_current

 

出穂期の発育補正係数

number

0.000001

 

21

   

adj_coef_gr_current

 

成熟期の発育補正係数

number

0.000001

 

22

   

adj_coef_gv1_current

 

幼穂形成期の発育補正係数

number

0.000001

 

23

   

adj_coef_gv2_current

 

出穂期の発育補正係数

number

0.000001

 

24

   

dvs_pf_adjusted_by_measurement

 

幼穂形成期のDVS補正値(幼穂形成期と出穂期の実測値から算出)

number

0.000001

 

25

   

today_date

 

予測実行日

string

Formatyyyy-mm-dd

API利用者がリクエスト時にexecution_date_of_predictionを入力した場合は、その値をtoday_dateとして返し、その入力がなかった場合は、システムクロックから今日の日付を入手して、today_dateにセットする。

26

   

dvs_today

 

予測実行日のdvs

number

0.000001

today_dateにおけるdvs_days

27

   

fs_today

 

予測実行日のfs

number

0.000001

today_dateにおけるfs_days

28

   

panicle_length_today

 

予測実行日の幼穂長(mm)

number

0.0001

today_dateにおけるpanicle_length_days

29

   

dvs_cli_today

 

予測実行日のdvs

number

0.000001

today_dateにおけるdvs_days

30

   

fs_cli_today

 

予測実行日のfs

number

0.000001

today_dateにおけるfs_days

31

   

panicle_length_cli_today

 

予測実行日の幼穂長(mm)

number

0.0001

today_dateにおけるpanicle_length_days

32

   

panicle_initiation

 

幼穂分化期の予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

33

   

floral_stage_est

 

FS=iとなる日の予測値(i=011

配列

(string)

Formatyyyy-mm-dd

例えば、floral_stage_est[0]は、FS0となる日の予測値

34

   

panicle_devlopment

 

計算初日(移植日または出芽日)からの日々の、出穂前日数、フローラスステージFS、幼穂長

2次元配列

         

35

     

days_before_hd

出穂前日数

number

     

1

 

36

     

fs_days

FS

number

     

0.000001

 

37

     

panicle_length_days

幼穂長(mm)

number

     

0.0001

 

38

   

panicle_initiation_cli

 

気温平年値を用いた幼穂分化期の予測値

           

39

   

floral_stage_est_cli

 

FS=iとなる日の予測値(i=011

配列

(string)

Formatyyyy-mm-dd

例えば、floral_stage_est[0]は、FS0となる日の予測値

40

   

panicle_devlopment_cli

 

気温平年値を用いた場合の、計算初日(移植日または出芽日)からの日々の、出穂前日数、フローラスステージFS、幼穂長(mm)

2次元配列

         

41

     

days_before_hd_cli

出穂前日数

number

     

1

 

42

     

fs_days_cli

FS

number

     

0.000001

 

43

     

panicle_length_days_cli

幼穂長(mm)

number

     

0.0001

 

44

   

dvs_at_obs_date_panicle_dev

 

FSもしくは幼穂長の観察日におけるDVS

number

0.000001

 

45

   

dvs_adj_at_obs_date_panicle_dev

 

FSもしくは幼穂長の観察日における、幼穂観察データから算出した補正DVS

number

0.000001

 

46

   

pi_est_adj

 

補正幼穂分化期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

47

   

pf_est_adj

 

補正幼穂形成期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

48

   

hd_est_adj

 

補正出穂期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd

49

   

mt_est_adj

 

補正成熟期予測値

string

Formatyyyy-mm-dd (サンプルプログラムや関数では、mt_est_adjとしているが、これまでの変数名に揃えて、md_est_adjとする。MT:MaTurity date, MD: Maturity Date)

50

   

floral_stage_est_adj

 

FS=iとなる日の補正後の予測値(i=011

配列

(string)

Formatyyyy-mm-dd

例えば、floral_stage_est[0]は、FS0となる日の予測値

51

   

panicle_devlopment_adj

 

補正後の計算初日(移植日または出芽日)からの日々の、出穂前日数、フローラスステージFS、幼穂長(mm)

2次元配列

         

52

     

days_before_hd_adj

補正出穂前日数

number

     

1

 

53

     

fs_days_adj

補正FS

number

     

0.000001

 

54

     

panicle_length_days_adj

補正幼穂長(mm)

number

     

0.0001

 

55

   

dvs_days_adj

 

計算初日(移植日または出芽日)からの日々の補正DVS

2次元配列

(Days,Date, dvs) (len(days)×3列)

播種/移植日 成熟期 + 10日分まで

     

days

計算初日からの日数

number

1

 
     

date

日付

string

Formatyyyy-mm-dd

     

dvs

DVS

number

0.000001

 

56

   

dvr_adj

 

補正DVR値(発育速度)

配列

(number)

0.000001

播種/移植日 成熟期 + 10日分まで

INの必須欄>
○ 必須
▲ 条件によっては必須
- 任意

呼出例

呼び出し時のリクエストボディの例: 

{ 
   "lat": 36.006618,
    "lon": 140.020555,
    "default_param": true,
    "cultivar": "コシヒカリ",
    "riceid": 3,
    "model": 0,
    "date_st": "2021-05-05",
    "obs_date_panicle_dev": "2021-07-15",
    "obs_fs": 2.0,
    "age_tp": 3.2,
    "adj_after_mes": 3,
    "execution_date_of_prediction": "2021-07-20"
}

レスポンス

レイアウト

HTTPレスポンスのボディはJSON形式となります。
幼穂形成期、出穂期、成熟期の予測値と、日々の発育の進行を表すDVS値(出芽時に0、出穂期に1、成熟期に2の値を取る連続的な変数)、DVR値、幼穂分化期、幼穂長および幼穂発育ステージの発育過程、これらの項目の実測の観察結果による補正値が出力されます。

レスポンス例
{ 
 "cultivar": "コシヒカリ",
 "model_type": 0,
 "param_type": 0,
 "pf": "2021-07-07",
 "hd": "2021-07-30",
 "md": "2021-09-05"
 "pf_cli": "2021-07-10",
 "hd_cli": "2021-08-03",
 "md_cli": "2021-09-09",
 "dvs_days":[
  [0,"2021-05-05",0.224842],
  [1,"2021-05-06",0.231256],
  [2,"2021-05-07",0.236695],
   … 
  [133, "2021-09-15", 2.233748]
 ],
   … 
 "pi_est_adj": "2021-06-22",
 "pf_est_adj": "2021-07-21",
 "hd_est_adj": "2021-08-10",
 "md_est_adj": "2021-09-19",
   … 
以下、省略
}
ステータスコード
コード 値の説明
200 OK 処理成功
400 Bad Request HTTP リクエストのデータが不正
401 Unauthorized 認証エラー
403 Forbidden アクセス権限がない
404 Not Found HTTP リクエストで指定されたメソッドが存在しない
500 Internal Server Error その他のエラー

サンプルソースコード

ソースコード
前に戻る
上部へスクロール
Scroll to Top